2020.11.17

MVP

Micron’s ViewPoint 第13号発刊のお知らせ(脳画像解析プログラム icobrainを用いた多発性硬化症の臨床応用 ①多発性硬化症と画像診断)

 

多発性硬化症は、近年、病態解明が進んでおり、新たな治療薬が次々と開発されております。多発性硬化症の病態を把握するには、脳容積や病変容積の計測が重要です。当社では、多発性硬化症をはじめとした神経変性疾患の脳容積を自動解析することができる「脳画像解析プログラムicobrain」を取り扱っております。

今回は、「脳画像解析プログラム icobrainを用いた多発性硬化症の臨床応用」に関し、聖マリアンナ医科大学 櫻井謙三先生に3報に渡ってご執筆いただきました。
第1報目として「多発性硬化症と画像診断」をお届けいたします。

ぜひとも、ご一読頂ければ幸いでございます。

 

Micron’s ViewPoint 第13号発刊のお知らせ(脳画像解析プログラム icobrainを用いた多発性硬化症の臨床応用 ①多発性硬化症と画像診断)

 

本件に関するご質問やお問い合わせ先
株式会社マイクロン
E-mail:icobrain@micron-kobe.com