イメージングを活用して医療の発展に貢献する

キャリア採用

画像解析事業部

K.Tさん

イメージングを活用して医療の発展に貢献する

入社の決め手を教えてください

マイクロンの入社する以前は、放射線技師として10年以上務めていました。「放射線技師の仕事は医師の指示のもとでルーチンワーク」というイメージがあるかもしれませんが、前職では撮影手技や運営について放射線技師の意見も取り入れてもらえており、やりがいを感じていました。しかし一方で、より多くの患者さんのため、医療の発展のためと考えた時、一施設の放射線技師の立場に限界を感じていました。
放射線技師以外の職種を知ろうと転職エージェントに登録した時に、紹介されたのがマイクロンでした。 “イメージング技術を臨床開発に活用”という点に、医用機器の進歩が著しい中、治験では全く生かされておらず、もったいないと思っていたことを思い出しました。また、医薬品の特許が切れ、製薬メーカーでは新薬開発を進める必要性があることから、今後治験業界が活性化するのではと思っていました。一施設の規模ではなく国内外の医療に貢献できる可能性があり、その中でもマイクロンは若い企業で柔軟な風土のため、自由度が高いのではと感じ入社を決めました。

担当している業務について教えてください

国際治験のプロジェクトにアサインしており、判定会を海外に出向いて実施しています。これまでの仕事では出会えない知識豊富な医師と関わることができ、手を挙げれば社歴関係なくチャレンジングな業務に参加するチャンスをもらうことができます。
また、今後の治験業界のトップランナーであり続けようという意気込みを、マネージャーや経営陣が発信し続けてくれます。マイクロンのサービスをより強固なものにできるよう、私も放射線技師の経験を出し惜しみせずメンバーに提供して、会社全体の業務改善に貢献していきたいと考えています。

マイクロンで働いてみたいと思う方へ

マイクロンには活発に意見交換ができる雰囲気があり、会社も社員が働きやすい環境を整えてくれていると感じます。上司たちは新しい技術を取り入れよう、チャレンジしようというスタンスで業務にあたっており、メンバークラスの社員もみな士気が高いので、自分も頑張らなくてはと刺激をもらっています。
CROは他にも多々ありますが、医用画像を主軸としたImaging CROはマイクロンのみです。あなたの意欲次第で「あのマイクロンで働いてるの?!」と言われるくらいの会社へと成長させることも可能です。一緒にマイクロンを成長させましょう。

ある1日のスケジュール

9:00

始業

メール確認、PJTメンバーたちと1日のスケジュールを確認

9:30

手順書作成

治験施設での撮像のための手順書や、判定会での読影の手順書を作成

12:00

昼休み

13:00

勉強会

医用画像点検のチームで勉強会を開催

14:00

事務作業

勉強会後、一旦自席に戻りメール確認

14:15

ミーティング

PJTの手順書のすり合わせ

15:15

画像解析業務

17:30

退勤