がん領域

マイクロンの画像解析事業部では、重点領域の1つとしてオンコロジーをあげ、抗がん剤領域の画像評価支援を行っております。これまでにphaseⅠからphaseⅢ、PMSおよび医師主導治験を受託し、着実にイメージング試験の実績と様々なノウハウを蓄積してきました。今後も他社では対応することのできない希少がんの評価やがん評価のためのシステム開発まで柔軟に対応していきます。

実績:評価基準,対象疾患

対象疾患 モダリティ 評価基準 Asian study
悪性リンパ腫(小児含む) CT、PET

Cheson 1999,

Cheson 2007

悪性胸膜中皮腫 CT/CT、PET mRECIST/volume解析
白血病 CT NCI working group guideline Korea
肺癌 CT RECIST1.0, RECIST1.1 Korea, Taiwan
乳癌 CT RECIST1.1
膀胱癌 CT WHO, RECIST1.1, irRC
食道癌 CT RECIST1.1, irRC
軟部腫瘍 CT RECIST1.1
腎臓癌 CT RECIST1.1
前立腺癌 CT、骨シンチ RECIST1.1, PCWG2, PCWG3 China、Korea、Taiwan
大腸(直腸、結腸)癌 CT RECIST1.1
肝癌、肝細胞癌 CT RECIST1.1 China、Korea、Taiwan
胆道癌 CT RECIST1.1
卵巣癌 CT RECIST1.1
胃癌 CT RECIST1.1
脳腫瘍、頭頚部癌 CT、PET、MRI RANO
メラノーマ CT RECIST1.1, irRECIST
神経内分泌腫瘍 CT RECIST1.1
褐色細胞腫 CT RECIST1.1

国際標準および国際論文を網羅し, RECIST 1.1, Cheson 1999, Cheson 2007, RANO, irRECIST, PCWG2, PCWG3, etc…など経験しております。

 

教育体制

抗がん剤の臨床試験は、他の疾患の臨床試験と比較してProtocolの難易度が高いと言われています。また、がん臨床試験独自に使用するRECIST(固形がんの治療効果判定基準)などの評価基準(criteria)や様々なガイドラインを熟知することが必要となるため、マイクロンでは、がん臨床試験に加わるメンバーに対して初期教育を徹底するとともに、継続的に専門研修を実施しています。さらに、メンバーは主要な国内外のがん関連学会(臨床腫瘍学会、癌治療学会等)や各種セミナーへ参加し、がん治療の最新の知見を身に付けています。このように徹底した教育を実施することで、どのようながん臨床試験を受託した際でも、Qualityの高いサービスとデータをご提供できるよう努力しております。

関連するキーワード

マイクロンによる
イメージングソリューションパッケージ

国内最大規模のマイクロンの画像チームが培ったノウハウ
国内外100名以上の読影医との連携/医療・研究機関とのネットワーク
これらを活用し、あらゆるニーズに最適なソリューションパッケージをご提案します。

More