施設支援

施設支援のミッションは、医療機関において医用画像を用いた治験や臨床研究の環境整備、品質向上、効率化を実現することです。このような概念に基づき、マイクロンの社員(技術員)が医療機関に駐在し、以下のようなサービスを実施いたしております。

先端的な臨床研究を支援

主要事業とのシナジー効果を生み出すため、医用画像を活用した治験・臨床研究の支援、イメージングバイオマーカーの開発研究支援、クリニカルイノベーションネットワーク(CIN)プロジェクトの一部である「患者レジストリ構築・運営」の事務局支援等を行っております。

これらの活動を通じて、現状では、一部の産学連携が必ずしも効率的に運営されていないと感じています。

このような状況を解決するため、学の現状と産のニーズの両方を熟知したマイクロンのような「イメージングCRO」が、両者の橋渡し的役割を担うことが、必須かつ重要と認識しております。

最終的には下図に例示したような、中長期的産学連携システムを構築し、そこで必要とされるさまざまな業務の一部を当社がご支援差し上げるようなトータルソリューションを目指しています。

マイクロンが提案する産学連携

製薬企業
橋渡し・運用支援
病院施設
  • 分子イメージング技術の活用による創薬開発効率化
  • PET薬剤製造支援・GMP体制構築支援
  • イメージングバイオマーカーの治験・臨床研究への活用
  • 治験・臨床研究における撮像条件標準化
  • 患者レジストリの運用支援

事業内容SERVICE

マイクロンは、Imaging CRA ® と国内最大の画像解析チームに、臨床試験のEndpointにImagingを活用するためのノウハウを集積し、国内外の専門家と密接にコミュニケーションを取ることで、多くの臨床試験をサポートしています。システム化の推進および解析ソフトの開発など、機能拡充も進めており、先駆的なImaging CROとして、最適な臨床試験を提案します。